印刷情報

校正記号と記入方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

校正は印刷物を制作する上で大変重要な作業です。

誤字・脱字などを正確に訂正するためには【校正記号】を使用します。

校正の仕方や校正記号の知識があれば、やりとりもスムーズに行うことができます。

基本的に校正記号などの書き入れは、訂正箇所に近い余白に赤色で書き込みます。

記述方法については下記の「校正記号」を参考にしてください。

その他、校正の注意点

数字の「1と7」、英字の「DとO」などの判別が難しい文字があります。

識別できるように書いてください。

表記の統一

いろいろな表記が混じり合っているのは、とても見にくいです。

一例を書き記します。

【漢字と送り仮名の例】

取り消し/取消し

下さい/ください

言う/いう

子供/子ども

【数字の例】

2018/二〇一八/二千十八

4月/四月

など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る