印刷情報

オフセット印刷とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

版に付けられたインキを、ゴム製のブランケットに転写(off)した後、紙などに定着(set)させるためオフセット印刷と呼ばれる。印刷業界内では「オフ」、軽印刷機を「軽オフ」と呼ぶことが多い。

水と油が互いに溶け合わない性質を利用し、版にはインキ(油)と水が付着される。アルミ材質の版に親水性の高い支持体の 上から親油性のある樹脂が塗られたPS版を用いる。樹脂を除去することで版には水と油の両方が付着する。

インキをブランケットに転写した後、さらに紙に転写する。

商業印刷のほとんどは、このオフセット印刷が用いられています。

当社のカラー印刷機は、水のかわりにシリコンを使用した「水なしオフセット印刷機」を導入しています。

高繊細で品質が安定しており、乾きが早く短納期で、さらに環境にやさしいのが特徴です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*