印刷情報

塗り足し(ヌリタシ)とは?データ制作上の見落としがちなミス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紙面の端の部分まで文字や絵柄が入るとき、仕上サイズの外側3mm程度はみ出すようにデータを作成します。この3mmを「塗り足し」といいます。

塗り足しの指定の仕方は、仕上がりサイズより上下左右それぞれ3mm外側に伸ばします。はみ出した状態で印刷し、断裁するサイズは元の仕上がりサイズとなります。

トンボを目印として断裁を行いますが、一度に何枚も重ねて断裁をするため、微妙なズレが生じます。プロのデザイナーさんであれば見落とすことはないと思いますが、データ制作時は必ずヌリタシを意識してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*